【コンサータ】時間差投与で夜、動けるようになった

この記事は約2分で読めます。

コンサータを飲むタイミングを変えてから、副作用はあるものの良いことが多かったのでシェアしてみます。

※自己流ではなく主治医相談の上

夕飯~が辛い

帰宅後の夕飯、家事、風呂などがすごく辛く、一度横になるとなかなか立ち上がれないため何か方法はないかと模索し始めました。

なぜこうなるかというと、ADHD治療薬「コンサータ」は「徐放材」という仕組みでできているため。

これは、カプセル内の薬剤がほぼ均一に、12時間かけて放出されるようにできてる仕組みなんです。

つまり、薬の効果は12時間しかないわけです。

個人差はありますが、コンサータの効果が切れると起きていられない、とにかく疲れるなどの症状が現れます。

主治医相談の上、時間差投与に変えてみた

主治医に相談したところ、

「夜に眠れるなら、分割して午後に飲んでも問題ない」

と言われたため、その方法を試してみることにしました。

・今までの飲み方
→朝7時に18mm×2錠を飲む

・変えてみた飲み方
→朝7時に18mmを1錠飲み、6時間後に18mmを1錠飲む。

薬の量は同じですが、時間を分割して飲むわけです。理論的には、朝7時に飲んだ薬は午前1時までは効果があるわけですね。

夜、動けている気がする

薬の飲み方を変えてからというものの、プラシーボ効果もあるかもしれませんが帰宅後の疲労を感じにくくなったな、と感じます。

もちろん、朝に飲む薬の量が少ないので、午前中は当然スロースタートになります。が、基本的に朝に弱いのであまり変化は感じていません。

一日を平均に過ごせて、夜に動ける時間が増えているので大きくメリットを感じます。

おわりに

12時間しか効かない点は、もし今後改善されれば嬉しいですよね。

それと、なんとなく日常生活で不便なことは積極的に主治医に相談したほうがいいと感じました。自分で迷ったり、自己流で飲み方を変えて悪化してしまったらどうしようもないですからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました